LOG IN VIEW CART GUIDE CONTACT US
ACRONYM ADIDAS BY RAF SIMONS ADIDAS ORIGINALS
ADIDAS PERFORMANCE ADIDAS×WHITE MOUNTAINEERING ALYX
ANDERSEN ANDERSEN ARC'TERYX VEILANCE BAGJACK
BLACKMEANS×ELIMINATOR CHRISTOPHER RAEBURN CLAUSTRUM
COMME des GARCONS HOMME PLUS COMME des GARCONS PARFUMS CONVERSE ADDICT
C.P. COMPANY ED ROBERT JUDSON ELIMINATOR
FRED PERRYxJAMIE REID GOSHA RUBCHINSKIY HARDY AMIES
HI-TEC HTS74 HOKA ONE ONE ILA.xELIMINATOR
ISLE SKATEBOARDS JOHN LAWRENCE SULLIVAN JOHNSTONS
KIKO KOSTADINOV MACKINTOSH0001 MAHARISHI
PETER DE POTTER BY PROJECT RAF SIMONS RAF SIMONSxFRED PERRY
REEBOK FOR COTTWEILER STONE ISLAND THE OLD CURIOSITY SHOP
THE OLD CURIOSITY SHOPxQUILP BY Tricker's TIGRAN AVETISYAN TILAK
UMBROxILA.xELIMINATOR Y-3 YOHJI YAMAMOTO
DAIKANYAMA STORE EXCLUSIVE
COAT/BLOUSON/JACKET
SHIRT/TEE SHIRT/POLO SHIRT/SWEAT
KNIT
PANTS
SHOES
BELT/BAG/ACCESSORIES/ETC

HOME > BRANDPEDIA > ACRONYM

brandpedia

ACRONYM

ACRONYM

Designer : Errolson Hugh ( エロルゾン・ヒュー )
Start : 2002
Country : Germany

1971 年
カナダのWinnipegでジャマイカ系中国人の夫婦間に⽣まれる。建築家の⽗は現在⾹港在住、母はカナダ在住、弟はLA在住、本人は6ヶ月はベルリン、残りはUSA、Italyを回っている。Toronto Univ.在学中にパートナーのMichaela ( 同志社大学にも在籍していた事がある ) と出会い、色々な国で暮らしてきた彼女の影響でMunichに1993年から移り住む。

1994 年
Acronym Agencyをスタートし、ARC’TERYXなど様々なブランドの外部デザイナーとしての契約を結ぶ。とりわけBurtonは12年以上黒子のメインデザイナーとして取り組んでいた。Acronym Agencyとして現在主として抱えているプロジェクトは、Stone Island Shadow project、Herno Laminar、2015A/WよりNIKE ACG。

Stone Islandに関しては、Paul Hervey ( also Moncler ) の引退を受けて、現在のオーナーが過去の事は全く知らずにAcronymを見てコンタクトしてきたとの事。
※ARC’TERYX VEILANCEファーストシーズンのみAcronym Agencyでデザイン企画を担当。
※ARC’TERYX ( 代表作:フロント斜めジップ、“Arro”)
※Burton ( 代表作:iPodジャケット )

1998 年
Massimo Ostiから、彼のしてきた事を次世代に向けて再解釈して欲しいと頼まれて、共にBolognaで数ヶ月仕事をしたが結局、新ブランドとしての立ち上げはされなかった。
 
1999 年
現在の会社を設立し、2002年に最初のコレクションを発表。
Errolsonはデザイン・生産を担当し、Michaelaは総務・経理を担当している。ACRONYMという名前は、頭文字 ( 例 …National Aeronautics and Space AdministrationのNASA ) という意味で、ミリタリー、アウトドア、モードなどの要素をもった実験的なコレクションを発表するブランドという意味。

コレクションは、ミリタリーやアウトドアの洋服・ギア要素の機能のレベルを下げる事無く、極限まで洗練させたもので、都会でも違和感を与えないファッションレベルでありながら本当に厳しい環境に出て行ける最高の “ 外出着 ” と言えます。
※Errolsonがカナダという温度差、環境差が激しいところで⽣まれ育ったことも理由のひとつである。

⽣産は当初からチェコの⼩さな工房 ( ACRONYMで所有 ) を年間100%埋めることで妥協の無いもの作りを可能にしている。バッグ類に関しては当初はドイツ軍のサプライヤーであるKHSで作成していたが、Bagjackと知り合ってからは全てBagjackでの⽣産となっている。

自身がGORE-TEX社のアドバイザーでもある事から、常に最新の素材を使用している。これは、GOREの新素材を使用したACRONYMのサンプルをGORE社が営業用にオーダーし営業部隊がそのサンプルを持って、他のマウンテニアリング系ブランドに新素材の提案にいくという事。パンツに関して、空⼿の師範でもあるErrolsonが、” 旋⾵風脚の蹴れるパターン “を基準にするほど、動きやすさをすべてオリジナルのパターンブロックで実現したアイテム。

ACRONYM具体的なディティール
1 ) Forcelock:ネオジウム磁石入りの、イアーフォンを固定しておける取り外し式のタブ ( パテント )

2 ) Jacket Sling:ジャケットを、着用しない時にコンパクトに背負える着脱式のストラップ ( パテント )

3 ) Gravity Pocket:ジャケットの袖口から携帯やデジカメを片手で取り出せるポケット。Stocko社 ( YKK Germany社 ) の特殊スナップ使用
※Stockoのスナップは、通常針金を用いる部分に高密度のポリマーのリングを使用し、ルイヴィトンの ” 三世代使い続けても緩まない財布用スナップ ” というお題に対応した部材。当初は高価なパーツだった為Gravity Pocketのみに使用していたが今では、ほぼ全部のスナップボタンにStockoのスナップを使用している。

4 ) Escape ZIP:YKK社製のパーツ。消防士が、熱を持った上着を瞬時に脱ぎ捨てられる等にワンクリックで全開になるZIP

5 ) ドローコード:手袋をはめた手でもドローコードの調整ができるように黒いタブを引くと締り、緑のタブを引くと緩む。これは、上記のJacket Slingや、バッグのストラップ類にも共通のルールとして採用されている。

6 ) フード:一か所のタブを引くだけで、頭部の動きに完全についてくる。強盗など自分の身が危険になった際にフードを掴まれたら太刀打ちできない。というセキュリティーの観点からACRONYMのフードは脱着式、もしくは折り畳めるようになっている。

7 ) ホルスターポケット:人間には、少なからず脇にキャビティがあるので、そのキャビティを応用したポケット。狭い環境 ( 飛行機内、車で座った状態 )でも簡単にモノが取り出せるように収納ポケットに対して、反対側の腕を交差して使用する。

商品リリースの哲学として、毎シーズン新しいものを生み出すという事よりもリリース毎に商品のレベルを上げていくポリシーが顕著なブランドで、例えば、ある商品が最初に出たとき、1.0 という記号が付いていて、シーズン毎に 1.1、1.2 ( マイナーな改善 ) と進んで、レベルが別次元に届いたら 2.0、もう完成形だと思ったら、コレクションから消えていく。
毎シーズン、機能性は進化し続けているのですが、商品の見かけは徐々にシンプルになってきています。これはErrolsonの敬愛するSF作家 William  Gibsonの ” インターフェイスは進化すると透明になる ” という言葉が、彼のデザイン上のモットーになっているからと考えられます。

20年前に街で携帯電話を持っている人が特異に見えたのが、今、その当時よりも機械としては飛躍的に進化した携帯を持っている人が目にも留まらないという意味で、考えられるあらゆる能力を秘めながらも、だれの印象にも残らない服が彼の理想形。

ブランド一覧へ