LOG IN VIEW CART GUIDE CONTACT US
ACRONYM ADIDAS BY KOLOR ADIDAS BY RAF SIMONS
ADIDAS BY RICK OWENS ADIDAS ORIGINALS ADIDAS PERFORMANCE
ADIDAS×WHITE MOUNTAINEERING ALYX ANDERSEN ANDERSEN
ARC'TERYX VEILANCE BAGJACK BARACUTA
BLACKMEANS×ELIMINATOR CHRISTOPHER RAEBURN CLAUSTRUM
COMME des GARCONS HOMME PLUS COMME des GARCONS PARFUMS CONVERSE ADDICT
CRAIG GREEN ED ROBERT JUDSON ELIMINATOR
FRED PERRYxJAMIE REID HARDY AMIES ILA.xELIMINATOR
ISLE SKATEBOARDS JOHN LAWRENCE SULLIVAN JOHNSTONS
KIDS LOVE GAITE LE PARRAIN[KARIBAKI] LEVI'S® VINTAGE CLOTHING
MAHARISHI NOSOMNIA PETER DE POTTER BY PROJECT
PORSCHE DESIGN SPORT by ADIDAS RAF SIMONS RAF SIMONSxFRED PERRY
STONE ISLAND THE OLD CURIOSITY SHOP THE OLD CURIOSITY SHOPxQUILP BY Tricker's
TIGRAN AVETISYAN TILAK UMBROxILA.xELIMINATOR
XIMONLEE Y-3 Y-3 SPORT
YOHJI YAMAMOTO
DAIKANYAMA STORE EXCLUSIVE
COAT/BLOUSON/JACKET
SHIRT/TEE SHIRT/POLO SHIRT/SWEAT
KNIT
PANTS
SHOES
BELT/BAG/ACCESSORIES/ETC

HOME > BRANDPEDIA > ARC’TERYX VEILANCE

brandpedia

ARC’TERYX VEILANCE

ARC’TERYX VEILANCE

Start : 2009 A/W
Country : Canada

今では当たり前になった、止水ジッパーや熱圧着による無縫製(ラミネート)の仕立てなど様々な革新的技術を開発してきた、カナダ・バンクーバー発のアウトドアブランドARC’TERYX。世界で最も厳しい基準を持つとされるアメリカ軍に正式採用され(アメリカ発のブランド以外では唯一)、現在も実戦で数々の部隊で使用されているLEAFラインと並び、ARC’TERYXの最高位のプロジェクトとして2009年に誕生したARC’TERYXのアーバンレンジライン。削ぎ落とすことで完成されるミニマルなデザインをコンセプトに、普遍的でありながら革新的な技術や素材を駆使し、究極のアパレルウェアの創造を目指す。企画、生産を全てカナダで行い、バンクーバーにある自社工場では生産ラインを外部から見えないようパーテーションで仕切り、徹底した生産管理のもと創りだされている。世界でも限られた一部の店舗のみで展開し、アジアでは日本だけの展開。

ARC’TERYXの歴史
1989年 カナダ・バンクーバーにあった Rock Solid(ハーネス製造メーカー)が原点。ローカルクライマーに丁寧でフット性の高いそのハーネスが愛用される。多くのBCクライマーにその高い品質を認められハーネス以外でも製品作りを求められ始めていた。

1991年 カナダ・バンクーバーにて ARC’TERYX として誕生。従来の縫製して作られるハーネスに必然として出来てしまう生地のしわ。そのしわを取り除く為に発明したバックルShaha buckle は何度も失敗を繰り返しながらついに市場には存在しないほどのフット性を生むハーネスとして完成、コアなクライマーの間にクライミング製品へのパラダイム変換を促した。従来の製品と全く違うコンセプトや方法で作られるものを創り出すブランドとして認知され始める。

現在、デザイナールームは本社二階建ての二階全スペースを約20名のデザイナーが思いのままに使用するという環境の中(有名山岳アウトドアブランドのデザイナーは専属、契約合わせておよそ2〜3名程度)、素材メーカーが持ち込んで来る新素材をデザイナー達がマイクロスコープで吟味し、場合によっては改良を求め共同開発しながら常に最良の素材を解剖学に基づいた美しいデザインで製品化するカナダの山岳アウトドアブランドとしてマーケットをリードしている。

ブランドコンセプト
「より快適で、そして楽しく」。単純であるがアウトドア活動を心から愛する者達の基本。デザインを語る上でよく言われる「機能美」は開発の結果であり延長線上の形容である。

他ブランドにない特徴(アークへの道)
創造と開発。アークテリクスを定義する言葉である。業界をリードし、一つの規範となる技術的な革命とはいきなり起こり得る事ではない。「evolution in action」をテーマに常に進化を求め前進し続けて始めてなし得る事である。我々はかつて3D立体構造のハーネス開発を誰よりも先駆け、やがてヒップベルト構造へとたどり着いた。止水ジッパーと称されるウォータータイトジッパーの開発、素材のラミネーション開発でもソフトシェルという新しいカテゴリーの発展に大きな役割も果たして来た。シーム幅を狭め、縫製を減らして美しく耐久性のある製品開発と言う従来の古い製造方法や考え方を一切採用しない、それはまさに「創造と開発」からの道であった。
現在我々の様々な技術がアウトドアアパレル業界の規範となっている。現在の規範となる我々の古い技術を他社が採用して新製品を発表するなか、我々が開発したもはや過去のその技術をさらに繰り返し改良し、さらに一つ上の次元の開発技術を製品に反映さている。技術革新のサイクルの先を常に見つめてデザイン開発を行っているのが我々アークテリクスである。従来の固定化していたデザイン、素材使いを全く無視した我々の新たな創造と開発はより次元の高いパフォーマンスを提供する製品作りに情熱を傾ける我々の想い「evolution in action」によって常に突き動かされている。

製品開発における基本的な姿勢
防水性や強度を落とす縫製の縫い目を最小限にする。(ラミネート加工、立体裁断、立体モールド熱成型の独自技術の活用)既存の加工技術を一切無視し、素材そのものの研究や構造に新しい着目点で独自の加工技術を社内において開発している。デザイナーは固定概念にとらわれる事を嫌い、皆、得意なアウトドアに精通しミシンが使えて自分のサンプルをいつでも作れる。

主な独自開発の技術
熱成型3次元サーモフォームモールディング加工(パック背面、ウェストベルト、ショルダーハーネス、クライミングハーネス)止水ジッパー(ウォータータイトジッパー)の開発(ゴアテックスジャケット、パンツ、パック)、業界最細の縫製シーム幅と13mmタイニーテープ採用(ゴアテックスジャケット)異素材同士のラミネート加工技術(ウェア、パック)、防水生地(ウォータータイトファブリック)の開発(パック)、ソフトシェル素材-高密度ナイロンストレッチ素材の開発(Tweave, Bonded Poly, Power Sheild)、1インチでのステッチカウント(業界平均8〜10ステッチに対し14〜16ステッチの細かな縫製)

新素材開発において共同した有名素材メーカー
米国YKK社、米国Gore、米国Molden Mills社、東レなど素材メーカーと共同開発した製造技術は独占せず、業界における製品クォリティーのスタンダード向上に大きな役目を果たしている。

飛躍への転機
1992年アウトドア経験豊かで素材知識に優れたデザイナー、マイク・ブレンカーンはバンクーバー北部のマウンテントレイルに向かう為のバイク持ち運び用の快適なオリジナルショルダーヨークを独自に作り出した。「革新」を続ける集団ARC’TERYXが製品として発表する幾多の「発明」の原点とは、常に如何なる時にも「より快適で楽しく」という非常にシンプルながらもその想いは誰よりも強く、高い次元のモチベーションからなのである。この時、デザイナーマイクによって創り出されモールディング処理された素材が後のARC’TERYXの初製品となる熱成型レッグループハーネスやその後のサーモラミネーション製品、技術の革新に大きなインスピレーションと可能性をもたらした。

人体に正確にフィットする微妙かつ巧妙な曲線、人体へのフォームフィッティングが可能にする道具の快適性と美しさ、ARC’TERYXが独自に研究を始めたサーモラミネーション(熱成型技術)開発はそうした未知なる快適なフィッティングを大いに可能にさせ現在に至る。しかし、前例のない開発への取り組みは一つ一つのプロセスで極めて正確なブレンドを必要とした。気温、原材料、熱量と圧力、全ての行程で求められる厳密なその正確性。研究と失敗を繰り返し到達した高温での異素材の結合とその冷却方法は Vaporラミネートテクノロジーを生み出した。この技術がハーネス開発に取り込まれ、人体へのフィッティングにおいて解剖学的な見地でのARC’TERYX製ハーネスへの快適性を実証した。さらにその技術は解剖学に基づいたパックのサスペンションシステムに応用され幾多の賞を受けながら長くアウトドアコミュニティーで高い評価を得ている。(2005年 米紙 Backpacker Magazine’s Readers Choice award 受賞)

パックやハーネスの生地素材に熱や接着剤を使った多くの作業行程と製品作りを繰り返して来た末に到達したラミネート加工技術の領域。それはもはや従来の直線的で継ぎ合わされた工業製品作りの為ではなく、より快適でより美しく「仕立てる」製品作りを可能にさせた「art」とも言えるラミネート加工技術のマスターとしての領域。我々の研究はさらにアウターウェア上での複雑な異なる構造素材の結合と融合を主題に進む中、従来当然であった古くから変わらないウェア作りでの「縫製」の技術やルールそのものに疑問を抱き始めた。研究の第一歩として縫製箇所を最小限に仕上げる研究を繰り返す事で従来の縫製が生み出す生地の「重さ」と「堅さ」の最小限化と耐久性向上の為の縫製処理技術を会得した。見本や手本など一切存在しない、月日を重ねた研究の繰り返しはついに従来の古き縫製技術では遙かに及ばない強さと軽さを兼ね備えた素材融合を可能にする唯一無比の技術的方程式を作り上げる事に成功。

今では他メーカーでも目にするARC’TERYXでのメジャーなラミネート加工処理カ所(ポケット、ドローコードトンネル、パンツゲイター、カフスタブなど含む)はこのような長い時間と創造的な研究に熱意を惜しまない我々デザイナー達が生みだしたアウトドア市場での大きなロードマップであり、「より快適で楽しく」を期待する全ての人に提案したい技術である。

ギア(ハーネス・パック)からウェア開発への挑戦
我々はアウターウェアという構造そのものを全く違う角度からのアプローチによってデザイン開発している。無駄を排し、機能を高める。優れた機能素材のセレクションとその素材の組み合わせや他素材との融合が生みだす最大のパフォーマンス、不必要で余分な重さを生む無駄生地を排除し、さらにコンパクト化の為の細部へのデザイン配慮がなされる。そして人体が最大限のパフォーマンスを発揮できる機能性を持ったプロテクション、それが我々のアウターウェアである。

我々は既にアウターウェアの新しいスタンダードを導き出したが、さらに改良を重ね続け常により我々が求める理想のアウターウェアを現在も研究中である。マイクロスコープでの繊維構造の研究から新素材の開発、選ばれた素材がウェアとしてデザイン上で最大限にパフォーマンスを発揮する。使う場所を選ばず、快適で滑らかなシルエットを有しながら強度やフィット感において過去に存在しない程の仕立て・テイラーメイドされたその着心地。13mmタイニーシームテープの採用や止水ジッパー開発、新素材の開発技術やラミネートテクノロジー、デザイン開発などの全ては我々独自のウェア開発におけるオリジナルの研究から今も進められている。ウェア開発への挑戦は我々の原点、Shaha buckleハーネス製造時から現在に至る研究データと熱意の蓄積が大きな原動力となっている。

その他
2004年春より米国海軍でのバトルパック製造受注コンペにおいて米国アウトドアブランドGregory社との競争に勝ち、20万個の納品を受注。(ベースモデルはBORAでデジタルカモフラージュを施している) これは米国海軍が自国以外の会社(アークはカナダブランド)に特別な仕様のパック製作を依頼した事としてアウトドアマーケットでは話題となる。
また非公式に米国陸軍に既存の製品であるニーパッド(膝あて:立体的に熱成型されたプロテクションフォーム)が数百単位で納品。また、2005年は新たに海軍で武器やさまざまな装備を装着できる特別なデザインの変形式ウェストバッグの受注契約が結ばれる予定。これらは全てクライアントが本当に必要とするニーズを正確に判断してアークの得意とする独自の素材選びとデザインで強豪他社にサンプルを提出しコンペで勝ち抜いて受注している。

2005年
ついにハーネスやウェア、パックのパーツなどで培ってきたラミネート技術の応用をパックの基本デザインとコンセプトに、製造工程の変革をもたらすシリーズAC2 (Advanced Composite Construction)を2005年8月アメリカでのアウトドアリテイラーショウにて発表。会場内の注目の的となった。製品は2006年春夏に発表。パック本体に取り付けるショルダー、ヒップハーネスやストラップなどコンポーネントにいたる細部のパーツの取り付け箇所は生地のつなぎ目、縫製ラインから、と言う従来のパック設計の基本を無視した新しい設計で作り出されている。生地と生地をカットし縫製で縫い合わせて立体的なパックを作る技術はもはや古く、AC2はラミネーションを多用し、内外生地に独自のウレタンのラミネーションを施すことであらゆるパーツを外生地にダイレクトに溶着する事に成功している。使用される生地はたった2枚。独自の優れたパターンとラミネーション技術、素材開発の賜物である。理想の生地が無ければ生地を作り出す、樹脂パーツがなければ樹脂パーツを切り抜く機械すら自分たちで作りだしている。AC2シリーズはパックカバーを必要とせず、軽量で動き易いパックとなっている。

2007年
高まった縫製技術とラミネーション技術を駆使し秋冬シーズンにて1モデル(Alpha LT Jacket) に8mmタイニーシームテープを採用した超軽量3レイヤージャケット365gを発表。ORショーでは話題の製品として注目を浴びている。インサーションでは連続した繊維一本一本にDWR加工を施し、濡れても水を吸わず、はじき返す独自の中綿素材を開発。ラミネーションで生地裏面に溶着する事でキルティング加工を必要としない軽く柔らかで温かいジャケットが発表される(Dually Jacket, Solo Jacket)。

2008年
構造的に革新的な工法を用いたハーネスを発表。従来のギアとしての装着感を感じさせない程に薄く、加重分散とサポートを全く新しい方法で改善させた。既にヨーロッパのISPOショーではISPO Performance Awrads を受賞。

2010年 
2005年以降バックパック全体のデザインを大きく変えるため、AC2シリーズにマルチデザインのArrakisシリーズを投入。従来のAC2バックパックより、様々なアクティビティに対応。創業当時から作り続けてきたBoraの後継として、素材を何種類も組み合わせ適材適所に使用し、耐久性を保ちながら軽量化したAltra、Axiosシリーズをトレイルモデルとして発表。2010年にはALtra65がBackpacker Magazine’s Editor Choice award を受賞する。ラミネート素材と軽量素材のハイブリットバックパックの誕生で、独自性をさらなる高みへ大型パックを革新的なものにした。

ブランド一覧へ