LOG IN VIEW CART GUIDE CONTACT US
ACRONYM ADIDAS BY KOLOR ADIDAS BY RAF SIMONS
ADIDAS BY RICK OWENS ADIDAS ORIGINALS ADIDAS PERFORMANCE
ADIDAS×WHITE MOUNTAINEERING ALYX ANDERSEN ANDERSEN
ARC'TERYX VEILANCE BAGJACK BARACUTA
BLACKMEANS×ELIMINATOR CHRISTOPHER RAEBURN CLAUSTRUM
COMME des GARCONS HOMME PLUS COMME des GARCONS PARFUMS CONVERSE ADDICT
CRAIG GREEN ED ROBERT JUDSON ELIMINATOR
FRED PERRYxJAMIE REID HARDY AMIES ILA.xELIMINATOR
ISLE SKATEBOARDS JOHN LAWRENCE SULLIVAN JOHNSTONS
KIDS LOVE GAITE LE PARRAIN[KARIBAKI] LEVI'S® VINTAGE CLOTHING
MAHARISHI NOSOMNIA PETER DE POTTER BY PROJECT
PORSCHE DESIGN SPORT by ADIDAS RAF SIMONS RAF SIMONSxFRED PERRY
STONE ISLAND THE OLD CURIOSITY SHOP THE OLD CURIOSITY SHOPxQUILP BY Tricker's
TIGRAN AVETISYAN TILAK UMBROxILA.xELIMINATOR
XIMONLEE Y-3 Y-3 SPORT
YOHJI YAMAMOTO
DAIKANYAMA STORE EXCLUSIVE
COAT/BLOUSON/JACKET
SHIRT/TEE SHIRT/POLO SHIRT/SWEAT
KNIT
PANTS
SHOES
BELT/BAG/ACCESSORIES/ETC

HOME > BRANDPEDIA > RAF SIMONS

brandpedia

RAF SIMONS

RAF SIMONS

Designer : Raf Simons ( ラフ・シモンズ )
Start : 1995
Country : Belgium

1968年ベルギーのNeerpeltに生まれる。
インダストリアルデザインとファニチャーデザインの専門学校を1991年に卒業。そしてギャラリーや個人向けのファニチャーデザイナーとして働き始める。しかし彼はこれ以前にWalter Van BeirendonckのデザインスタジオにVan Beirendonckショールームとコレクションに関するプレゼンテーションとデコレーションのインターンとして所属していた。

その後の大きなデザイナーとしての転機は、Antwerp Royal Academyのファッション学科のヘッドであるLinda Loppaからの支援である。彼は1995年に自身の名を冠するRAF SIMONSレーベルを発足。そしてRuffo Research でのプロジェクトの為にメンズウエアコレクションを1999SSと1999-2000AWの2シーズンに渡りデザインした。

2000年の3月、RAF SIMONSは休暇として自身の会社を閉じてしまうが、その後に大きな成功を収めることとなる。この休暇はファッションビジネスに対する限界を感じての決定であった。そしてこの期間を通じて彼はファッションビジネスから離れ、自身の充電期間も含めて新しいディレクション方法を模索していた。その後ベルギーのマニファクチャーであるGysemans Clothing Industryとの新たな業務提携を契機に彼は2001年ファッション界へ戻ってきた。現在はさらに小規模のコラボレーターを通じてコレクションをリリースしている。

2000年10月から2005年6月を通じてRAF SIMONSはオーストリアのウィーンにあるUniversity of Applied Artsから依頼を受けてファッション学科のヘッドプロフェッサーを担当する。
2003年11月Swiss Textiles AwardをスイスのLucerneにて受賞する。
2005年6月にはニューラインとしてRaf by Raf Simonsをリリース。
ブランドの10周年を記念して’Raf Simons Redux’という本をPeter De Potterとのコラボレートにて発売する。(出版はCharta/Fondazione Pitti Discovery)
‘Raf Simons 1995-2005’というファッション/アートイベントをイタリアのフィレンツェにあるGiardini di Boboliにて行う。
2005年6月、Fondazione Pitti Discoveryという名の基にイタリアにて行われるPittiにてRAF SIMONSレーベル10周年を記念したショーが開催される。
2005年7月-2012年3月メンズウエアとウィメンズウエア共にJil Sanderレーベルのクリエィティブディレクターを担当する。
2008年Linda FarrowとのコラボレーションからRAF SIMONSコレクションはバッグやレザーアイテムさらにシューズやサングラスなどまで幅を広げている。Eastpakとのコラボレートによるバックパックやバッグを始め2008年-2010年にはFred Perryとのコラボレートによる季節ごとのスペシャルなコレクションを発表した。
2011年4月には26回目の開催となるHyères International Festival of Fashion and Photographyの審査委員長となる。
2011年7月、Mercedes-Benzをスポンサーとするcurates Transmission 1というベルリンにて3日間を通じて行われたイベントを創始する。
2012年4月Christian Dior for women’sのオートクチェール、レディトゥウエア、アクセサリーのアーティスティック・ディレクターに就任する。
ベルギーのアントワープに住み活動中。

Raf Simonsの概要
Raf Simonsが伝えたい最も重要なメッセージとは、彼が愛して止まない反逆的なユースカルチャーのスタイルとトラディショナルなメンズウエアを軸として個々にプライドを持ってもらうこと。彼は通常とは異なる男らしさをファッション界に頭角を表した90年代の中盤から表現してきた。ティーンエイジャーの風変わりだがエネルギッシュなサブカルチャーとクラシカルで精巧なメンズウエアの縫製技術。この相反する要素をインスパイヤソースとしてRaf Simonsは気高いアウトサイダーの為のコレクションをリリースしている。

ファーストコレクションから変わらず音楽、アート、パフォーマンスからのイメージとワードは独自の世界観を放つRaf Simosレーベルの重要なファクターとなっている。様々な要素から成るRaf Simonsの世界観は要約すると…いやむしろ明確かつ簡潔に彼の世界観を語るとするならば、常に彼の心にある宇宙の中心には情熱があり、それはイコール独立性と独自性に関するデザイナー自身の声明である。そしてこれは洋服そのものにも必要不可欠な要素の一つとなっている。

同じく重要なRaf Simonsのアプローチは永遠に続く変革への追求である。デザイナーは一年を通して、それが歴史的でクラシカルな要素からのインスパイヤソースから生まれたデザインであってもメンズウエアの現在と未来をシグニチャースタイルの進化と成熟を通じて模索している。重要である要素はそのままにモダンなシェイプを追求。一貫する素材とテキスタイル、そして上記で述べた純粋な構築に関する全ての要素、さらには新時代の男像に向けて創造されるボディシェイプな精神へのあくなき追求を経てRaf Simonsコレクションは完成する。

Born Neerpelt, Belgium in 1968.

Graduates in Industrial Design and Furniture Design in 1991 and starts working as a furniture designer for galleries and private interiors. Before this, Raf Simons interned at the design studio of Walter Van Beirendonck, working on the presentation and decoration of the Van Beirendonck showrooms and collections.

In a radical change of profession, hereby encouraged by Linda Loppa, head of the Fashion Department of the Antwerp Royal Academy, he becomes a self-trained menswear designer in 1995 and launches his Raf Simons label.

Designs the menswear outfits for Ruffo Research (Spring-Summer 1999 and Autumn-Winter 1999-2000).

In March 2000, Raf Simons shuts down his company to take a sabbatical. Since his label has been growing more and more successful, he feels restricted and confined by the business side of fashion. In order to re-energize his reason to work, he announces he will quit from fashion and take time to consider new directions. Only after being approached by and offered a new co-operation deal with Belgian manufacturer Gysemans Clothing Industry, he takes up fashion once more in 2001, now with a smaller crew of collaborators.

Appointed head professor of the Fashion Department of the University of Applied Arts, Vienna, Austria in October 2000. Until June 2005.

Wins first prize Swiss Textiles Award, Lucerne, Switzerland in November 2003.

Launches new line Raf by Raf Simons in June 2005.

Presents ‘Raf Simons Redux’, a book by Peter De Potter and Raf Simons (published by Charta/Fondazione Pitti Discovery) coinciding with his label’s 10th anniversary. ‘Raf Simons 1995-2005’, a fashion/art event at the Giardini di Boboli in Florence, Italy (initiated and produced by the Fondazione Pitti Discovery, June 2005) equally celebrates his first decade in fashion.

Named Creative Director of Jil Sander (menswear and womenswear) in July 2005. Until March 2012.

Expands his collections with bags, leather goods, footwear and eyewear (since 2008, in collaboration with Linda Farrow). Collaborates with Eastpak on a range of backpacks and bags. Develops a seasonal special edition collection for Fred Perry (since 2008 – 2010).

In April 2011, Raf Simons is President of the Fashion jury of the Hyères 26th International Festival of Fashion and Photography.

July 2011 – curates Transmission 1, a three-day multidisciplinary event in Berlin initiated and sponsored by Mercedes-Benz.

April 2012 – nominated Artistic Director of Christian Dior for women’s Haute Couture, Ready-to-Wear and Accessory collections.

Lives and works in Antwerp, Belgium.

Raf Simons synopsis:
The most important message Raf Simons wants to communicate is: pride in individuality. Fuelled by his love for both rebellious youth cultures and traditional menswear, he emerges in fashion halfway through the nineties, presenting a radically different image of masculinity. Fusing the energy and singularity of teenage subcultures with the sharpness and precision of classical sartorial craft, the look presented by Raf Simons is both inspired by and designed for confident outsiders.
From the first collection on, music, art, performance, images and words have a substantial role in the whole package, summing up, or rather clarifying the kind of world Raf Simons wants to project. Always at the core of his universe (and as essential as the clothes themselves) are attitudes, moods and statements about individuality and independence.
Equally important in Raf Simons’ approach is the constant quest for innovation. The designs are always looking for the now and tomorrow, even if they are inspired by historical or classical references. Throughout the years, with the signature style evolving and maturing, the key elements stay the same: modern proportions, a constant research for fabrics and textures and above all the interplay of pure construction and new shapes with the body and psyche of the contemporary man.

ブランド一覧へ