FUMITO GANRYU_KRUTA TAPERED PANTS_BLACK2019 Spring and Summer Collection

32,400 yen (Tax in)

SOLD OUT

Question About This Item

インドに伝わる民族衣装「クルタ」からインスピレーションを受け、GANRYU氏本人が再解釈してデザインしたこのパンツは、とにかく動き易さを考慮したパターンワークがポイントです。そもそもインドの民族衣装"クルタ"は快適な着心地が素晴らしいという点で評価が高いようですが、その快適性をデニムパンツに落とし込んでみるとどうなるか?を一度チャレンジしてみたかったそうです。実際に試してみると腰周りからヒップ、そしてワタリにかけてゆったりとした分量を確保し、どんな動きに対しても遮られるものがなく"楽に穿いていられる"という印象ですね。ポケットの作りも独特でフロントからバックにかけてポケット口を大きく取っている為、手もスッと入れ易く、物を沢山入れても洋服のシルエットにさほど影響も出ません。裾に向かって極度にテーパードさせた個性的なシルエットも特徴としていますので、ボトムスにフォーカスしたスタイルをお楽しみ頂きたい場合は是非タックインしてお穿きになられる事をお勧めしますよ。
7月18日入荷商品

FUMITO GANRYU公式通販 フミト ガンリュウ正規取扱店


デザイナー丸龍文人氏が手掛ける新ブランド 「 FUMITO GANRYU 」 からクルタテーパードパンツのご紹介です。

デビューコレクションとなる19SSは、「 21世紀に纏う衣服とは 」 というテーマのもと都市と自然を相互的に繋ぐ服のあり方を提案しています。「 水 」 をキーとし全体のコレクションをイメージするものとして使用しています。


本アイテムはインドの民族衣装である " クルタ " より着想を得た5ポケットスタイルのボトムスです。

素材はコットン95%、ポリウレタン5%混紡の綾織カツラギ素材を用い製作。縦横両方向に伸縮性がある素材な為、快適な履き心地が特徴です。フロントポケットはバックサイド部分にまで渡り大容量である点がポイントです。さらにポケットスレキ生地には通気性ある格子織のナイロンファブリックを採用。見えない部分にも拘った仕様です。ウエスト部分はベルトループとドローコードが施されております。裾にかけて強めのテーパードが効いたシルエットです。


丸龍文人氏は19ssに関してインタビューで下記の様に答えています。

FREEーTOKYO ISSUE 8 INTERVIEW TEXT RISA YAMAGUCHIより抜粋。


服作りにおいて一番気を使っているのが、『 普通の服 』をなるべく作らないようにするという事です。私自身、普段はあまり普通の服を纏いたくないという思いがあるのですが、普通ではない服を作るという事はやはり非常にリスクもあります。私の勉強不足もありますが、私が知る限りの知識を絞り、日々勉強して得た知識や発見をあわせることで、コンセプチュアルだけれど、着用していてしっくりくる服というものを意識しています。それでないと私自身が着たくないので。単に風変わりなだけの服は私も着たくないですし、平凡な服も着たくないですし。面白くてリアルに着れる服って何だろう?21世紀に相応しい服って何だろう?そうしたことを意識して今は製作しています。目に止まるけれど、どのシーンにおいても浮かない服作りをモットーに、自分でも身に纏うようにしていますね。

FABRIC : Cotton95% , Polyurethane5%
COLOR : Black
COUNTRY OF ORIGIN : Japan

Go to Cart