KIKO KOSTADINOV_00082020 RACING CAP_GREY×BLACK2020 Spring and Summer Collection

  42,900 yen (Tax in)

SOLD OUT

Question About This Item

20SSコレクションのショールックで多用されていたキャップになりますので気になった方も多いのではないでしょうか。KIKO KOSTADINOVとしては久々のリリースとなる被り物ですが独特なデザイン性とその機能性が本アイテムの注目すべきポイントです。キャップのツバ部分、そして側頭部・後頭部から首までを覆っている素材はロロ・ピアーナのStorm Systemになりますので、撥水性や防風性、透湿性に優れた特徴を持ち合わせています。また頭頂部はざっくりとしたメッシュ素材を使用している為、盛夏時期の暑さや蒸れを気にすることなく日差し対策としてご使用頂けますね。見た目のデザインのみならず春夏シーズンにフィットする機能性を考えたKIKOらしいデザインとも言えるアイテムだと思います。なお細かい点になりますがツバ部分のステッチワークに、シーズンテーマに沿って施された柄がデザインとして盛り込まれていますので是非ご注目ください。
3月23日入荷商品

KIKO KOSTADINOV公式通販 キコ コスタディノフ正規取扱店


KIKO KOSTADINOVの20SS 00082020コレクションからショールックで使用されたRACINGキャップのご紹介です。


1924年創業のイタリアの高級生地メーカーである ” LORO PIANA ( ロロ・ピアーナ ) ” 社が誇る高機能生地 「 Storm System( ストームシステム )」とポリエステルメッシュ生地を用いて製作されております。ストームシステムは上質で柔らかな肌触りと光沢感、そして撥水性や湿気を逃がす透湿性も備えています。ツバ部分のステッチワークはブルガリアのレコードレーベルのアートワークからインスピレーションを得て製作した幾何学模様が施されております。

内側頭周り円周にドローコードが施されており調節可能です。メッシュ部分はポリエステル素材です。


コレクション自体は多彩なカラーパレットが特徴の一つでしたがELIMINATORのセレクションはカラフルなアイテムを避けBLACK、NAVYカラーのアイテムで纏めたバイイングを致しております。ショールックの画像のみでは伝わりにくいですが、機能素材を用いつつオリジナリティーのあるパターンワークで製作されたKIKOらしいアイテム群が店頭に出揃っております。


KIKO KOSTADINOVの20SS 00082020コレクションに関して

TULCEA 189/965と題されたKIKO KOSTADINOVの20SS 00082020コレクション

競馬のジョッキーのライディングウエアや1920年代のフラッパーのファッションスタイルなどからのインスピレーションを得て製作。さらに音楽レコードのアートワークをベースにオリジナルの幾何学模様を製作しコレクションに要素として盛り込んでいます。ショー後、KIKOはケンタッキーダービーのドキュメンタリー映像を見た上で「彼らは数分しかかからないイベントの準備に1年を費やしている」と話し、「そして、それはファッション業界のようだとも思えました」と語っていました。

FABRIC : BODY ( Wool54% , Nylon46% ) , MESH ( Polyester100% )
COLOR : Grey
COUNTRY OF ORIGIN : Bulgaria

Go to Cart