C.P.COMPANY_GOGGLE JACKET_BLACK2019 Spring and Summer Collection

89,640 yen (Tax in)

SOLD OUT

Question About This Item

英国においてSTONE ISLAND同様にフットボールファン、特にフーリガン達に支持されているブランド 「 C.P. COMPANY 」 。特に90年代に入ってからはファッションスタイルのアイコンとして取り入れられるようになり今日に至ります。本モデルは同ブランドを代表するゴーグルジャケットというモデルです。C.P. COMPANYは、毎年イタリアで行われている伝統的なクラシックカーレース「ミッレミリア」のスポンサーとして1988年より参加し、ドライバーの為のゴーグルジャケットを生み出すと同時に今も尚、提供し続けています。本アイテムにはフードにレンズが搭載されフードを装着した際に排気ガスや防塵から目を守る為のデザインが大きなポイントになっていますね。しかしブランドの顔とも言える代表作が故に作り手側の愛情も非常に強く大切に売っていきたいという考えから毎シーズン僅かな型数のみしかリリースされない貴重なモデルとも言えます。発足当初からUKのカジュアルスのスタイルを軸に長年セレクトしてきたELIMINATORにとって、C.P. COMPANYのゴーグルジャケットはなくてはならない存在になっています。歴史を継承したこの男らしい佇まいのジャケットを是非一度お試しになってみてください。
4月15日入荷商品

C.P. COMPANY公式通販 シーピー・カンパニー正規取扱店


C.P.COMPANY ( シーピー・カンパニー ) から同ブランドのアイコンであるGOGGLE JACKETのご紹介です。


C.P.COMPANYは、グラフィックデザイナーであったMASSIMO OSTI ( マッシモ・オスティ ) によって1975年にイタリア・ボローニャにて創設されたブランドです。※STONE ISLANDブランドは、C.P. COMPANY社が1981年に設立したブランドです。


C.P.COMPANYは、ミリタリーウエアの持つ機能性や素材からインスパイアされたブランドです。ミリタリーウエアのアーカイブを収集し、ディテールを分析・再構築することでデザインをスタートしました。特徴は、他社には無い独自の染色・加工技術が特に有名です ( 3万点以上ものアーカイブを集め研究し、世界で初めて製品染めをしたのがC.P. COMPANYと言われています。コーティングやラミネート技術などもC.P. COMPANYは早くから開発していました ) 。特に異なる組成を同時に染色し、それぞれの組成に別々の化学的アプローチを働きかけることで印象的なカラーに染め上げる " Double dye in a single bath " という手法の開発などはマッシモ・オスティが 「 ファッションを改革した先駆者 」 と呼ばれる理由の一つともなっています。


2012年11月よりデザインチームにPaul Harvey ( ポール・ハーヴェイ ) が加入。氏はセントラル・セント・マーチンスを卒業。サボタージュ、モンクレールでデザインを手掛け、現在はC.P. COMPANYの他にTEN Cやバラクータなども手掛けている人物です。


同ブランドのアイコンであるGOGGLE JACKETは、1988年に発表。元々は、ガスや塵などから目や口を守るために考案され1987年にリリースされたライフジャケットであるEXPLOLER JACKETがオリジンでした。衣類にゴーグルレンズを付けたのは、マッシモ・オスティ自身が眼鏡コレクターであった事も理由の一つです。※EXPLOLER JACKETはシーズンに1型〜2型のみの作製 ( 17AWは2型のみ ) という貴重なモデル。1987年〜2003年まで作製。2004年〜2015年まで作製せず、2016年からコレクションに再登場したモデルとなっております。


本アイテムは、マルチフィラメント糸により織られた、撥水性・通気性の高いC.P. Company独自開発のCHROMEファブリックを用い作製。Garment Dyedによる染色が極めて難しいCHROMEファブリックをRe-Colorという特殊技術を用い二度のGarment Dyedを施している点がポイントです。Re-Colorによって得られる特殊な風合いは、C.P. Companyの独自なものであり、これらの製造過程は極めて緻密であり科学的なものであると言えます。


1. CHROMEファブリックを用い、製品を縫製。

2. 一度目のGarment Dyedを施します。この際、非常に発色良くムラなく染め上げます。※顕微鏡で見ると実際には染料はファブリックに対し凹凸に浸透します。

3. その上からレジン樹脂を全体にコーティングし、その後温水でレジン樹脂を吹き飛ばします。※この際、レジンを完全に吹き飛ばさない事で、二度目のGarment Dyedの効果を高めます。

4. 同系でありながら異なるトーンの染料にて二度目のGarment Dyedを行います。一度目のGarment Dyedで凹になっている部分は凸分部よりも二度目の染料が浸透しやすい為、染めムラが出来ます。そして、レジン樹脂の残っている部分には染料が反応しない為、独特のムラ感を作り出します。

これらの過程は、全てが緻密に科学的に計算されています。


1970年代にMassimo OstiがGarment Dyedを開発した際に、科学者のチームを雇い研究開発に従事させました。その開発チームは今も存在し、ラボにて常に研究開発を行っています。また1970年代より蓄積している膨大なGarment Dyedのデータがあるからこそ、成しえる染色方法です。


製品ディテールは、Paul Harveyが得意とするアノラックタイプであり、利便性を求めサイドジップを採用しています。


イタリアの高級ブランドという一面もございますが、フットボールがエンターテインメントの一つではなく、文化として根付いている国や地域の人々にとって同ブランドは特別な存在です。C.P. COMPANYを身に纏う事は、ある種のステータスであり、フーリガンのファッションスタイルにおいては連帯感を高めるユニフォーム的な側面もあります。※実際にフーリガンがC.P. COMPANYやSTONE ISLANDを着用するようになったのは90年代半ば頃です。


ELIMINATOR2000年の創設当時から大切にしてきているUKのファッションスタイルの一つにCASUALSがございます。CASUALSとは、70年代末から80年代に確立された数あるUKのストリートファッションのスタイル名称の一つであり、発祥の地はリヴァプールとされています。


スポーツブランドをファッションとして取り入れるスタイル、そしてスポーツブランドとラグジュアリーブランドやトラディショナルブランドを融合させたスタイルの源流とも言えるファッションスタイルCASUALSは、元々はフーリガン達から派生したものでした。このファッションスタイルは後にRAVEスタイルにも繋がって行きます。


現代において当たり前となっているスポーツミックススタイルの原型を作ったCASUALSスタイルにおいて代名詞的な同ブランド、このようなバックグラウンドをご理解頂く事もメンズファッションにおいて重要なファクターだと考えております。

FABRIC : Nylon100% Chrome Re-Color fabric ( Garment Dyed )
COLOR : Black
COUNTRY OF ORIGIN : Turkey
FUNCTION : Water-repellent , Breathable

Go to Cart