DUST MAGAZINE×PETER DE POTTER_S/S TEE [ BIG HAND ]_BLACK2020 Spring and Summer Collection

  19,800 yen (Tax in)

SOLD OUT

Question About This Item

季刊誌として発行されている英国のカルチャーマガジン ” DUST magazine ” とアーティストPETER DE POTTER ( ピーター・デ・ポッター ) とのコラボレーションによるカプセルコレクションが入荷致しました。両者によるコラボレーションは2016年以来これが2回目の発表となります。DUST magazineは雑誌を製作する上で毎回1つのテーマを決め、そのテーマに沿ったアーティストにデザインをお願いすると同時にそのアーティストをフィーチャリングしたアパレルをカプセルコレクションとして発売しているという取り組みがございます。ピーターをご存知ない方の為に彼の主なる仕事の一例挙げさせて頂きますと、ピーターはRAF SIMONSブランドの2001年頃から約10年間に渡りアートワークやヴィジュアル面を製作しサポートしてきたアーティストです。ここ最近も共に活動しているようですしRAF SIMONSのヴィジュアルにおけるイメージをゼロから作り上げた人物と言っても過言ではありません。そして今年ELIMINATORの20周年記念のコラボレーターとしてUMBROとトリプルコラボジャケットを共に製作し特別なアートワークも提供してくださっているので是非そちらもご覧ください。PETER DE POTTER の作品は抽象芸術やパンク精神、ポップの精神、様々な世代の精神、抗議運動の精神などからインスパイアされ、主にユースカルチャーに焦点を当てた作品を多く生み出しています。本コラボレーションにおいてもそれらの精神性を汲んだメッセージを各々のアートワークに盛り込んでいるのではないかと思われます。フロントに大きくプリントされた「 手 」の中に書かれた “ EGOCENTRIC BOY ” というワードに意味があると感じています。直訳すると「 自己中心的な少年 」となりますが、この意味は商品説明のページProduct Infoにもあるように少年とは国家を指したメッセージかもしれませんし、はたまたティーンエイジャーの行動に表れる「初期衝動 」を意味しているのかもしれませんが、、、皆さんどう感じられますか。しっかりとしたヘビーオンスのオリジナルボディーも含め、個性的なTシャツとしてお勧め致します。
4月10日入荷商品

DUST MAGAZINE×PETER DE POTTER公式通販 ダスト マガジン×ピーター・デ・ポッター正規取扱店


新規取扱ブランドなるDUST MAGAZINE×PETER DE POTTERからS/S TEEシャツのご紹介です。


DUST MAGAZINEは2010年にベルリンとロンドンを拠点にスタートしたインディペンデントファッション&アートマガジンであり現代におけるユースカルチャーの探求をメインテーマに掲げています。年2回発行。エディトリアルチームは後世に残すべき文化的価値のある物質を紙媒体というビッグマーケットにおいて作り出す事を目的としています。


DUST MAGAZINEは2016年に新たなアーティスティックプロジェクトとしてクロージングラインをスタートしました。毎回異なるアーティストを起用しMAGAZINEの世界観を紙媒体から衣服に広げ日常生活に近付けるという想いでアイテムを製作。マガジンの発行同様、年に2回のリリースです。2016年の記念すべき第1回目のコレクションもPETER DE POTTERとのコラボレーションでした。


そして20SSコレクションに起用されたアーティストが2016年1stコレクション以来の登場となるPETER DE POTTERです。ヘビーオンスのかなりしっかりとしたオリジナルボディーを用いPETER DE POTTERのアートワークをプリントしております。イタリア製。


前身頃には意味深なワードである「 EGOCENTRIC BOY 」をプリント。直訳は自己中心的少年という意味ですが、これはある特定の人物や若者個人を指しているのではなく、もっと大きな単位、つまりは国などを指していて世界的視野でのメッセージを込めたアートワークなのではないでしょうか。


ABOUT PETER DE POTER ( ピーター・デ・ポッター )


1970年ベルギー生まれ。アントワープのRoyal Academy of Fine Arts卒業。現在、ベルギーを拠点に活動中。2001年から2010年までラフ・シモンズとのコラボレーションワークに参加。本コラボレートにおいてピーター・デ・ポッターは相談役、コンセプトメイキングのアシスト、さらにイメージとワードを含めたアートワークを担当。


2003年、ラフ・シモンズと、アートキュレーターのフランチェスコ・ボナミが開催した 「 THE FOURTH SEX 」 展のカタログ製作に参加


2005年、ラフ・シモンズのアートブック 「 Redux 」 や同年ピッティ・ウオモで行われた 「 Repeat 」 というインスタレーションのデザイン、アートディレクションを担当。2011年、ベルリンにて開催のメルセデス・ベンツプレゼンツ 「 Transmission1 - Avant / Garde Diaries 」 でPETER DE POTTERがシリーズ化しリリースしている 「 Image Machine 」 の中から自身のセレクションにて作品を公開。これは過去15 年に渡ってプロデュースしてきた写真、タイポグラフィー、コラージュ、アプロプリエーションからセレクションしたもの



2014年、UKのレジェンドアーティストであるジェイミー・リードの作品を再解釈するためにフレッド・ペリーに招かれ一連のアートフィルムを製作



2016年、カニエ・ウエストの
アルバム「 The Life of Pablo 」のアートワークを手掛ける


PETER DE POTTERはアートワールドの中に自分自身を存在させるための活動を精力的に行っています。PETER DE POTTERはトラディショナルな芸術作品の発表方法に則ることなく、自身の選りすぐりのアート作品をインターネットを通じて公開しています。


氏曰く、「 Dazed & Confused, i-D Magazine, Interview Magazine, Dust Magazine, Arena Homme +, Showstudio, Sang Bleu, The Advocate, Doingbird, Atmosphere Japan, Kaltblut, Husk, The Imagist など多くの雑誌に取り上げられたが、もしもこれ以上紙媒体の掲載が無くとも数え切れない程のブロガーやTumblerユーザーそれぞれがアップした大切にしている画像と私の作品 ( イメージ ) がバーチャルな世界を通じて繋がっていくことが、現在私の行っている作品発表方法では可能である。すなわち、私達皆がポップカルチャーの真っ只中にいるということです 」。PETER DE POTTER の作品は抽象芸術やパンク精神、ポップの精神、様々な世代の精神、抗議運動の精神などからインスパイアされています。表現の自由なるものをファッションを通じてご紹介したいと考えるELIMINATOR としては支持しないわけにはいかない人物です。

FABRIC : Cotton100%
COLOR : Black
COUNTRY OF ORIGIN : Italy

Go to Cart