NEW

ALMOSTBLACK×PETER DE POTTER_TEE SHIRT_BLACK2020 Autumn and Winter Collection

  17,600 yen (Tax in)

Select Size

Add to Cart

Question About This Item

20AWにおいてALMOSTBLACKが掲げているシーズンテーマは「2006」。デザイナーである中嶋氏が自身の過去を振り返り、2006年当時にRAF SIMONSのアトリエで働いていた時の想いや、ベルギーで感じた空気感を切り取り、デザインへと反映させています。特にその中でもRAFのグラフィックやヴィジュアルを2001年頃から約10年に渡り手掛けていたアーティストPETER DE POTTER(ピーター・デ・ポッター)とのコラボレーションは今シーズンの大きな特徴と言えるでしょう。当時、仕事仲間として付き合いのあったピーターから2006年の年末に送られてきたグリーティングメールを作品としてそのままウエアへ落とし込むアイディアによって完成しているこのTシャツ。ピーターによるプライベートな作品をこうして目にする機会はほぼ皆無に等しいと思いますので貴重なアイテムだと感じています。そしてこの作品に書かれているメッセージには「do you believe in rapture? for shunta 2007」。rapture=歓喜と捉えれば、グリーティングメールですので来年は良い年にしようという意味合いに取れますが、raptureには宗教的な深い意味も存在しますのでピーターはもしかすると信仰心から中嶋氏へ問いかけをしたのかもしれないという予想もできますね。常に真実に目を向けたメッセージを放つピーターらしい言葉だと思います。本アイテムはやや身巾の大きい作りになっており、ゆったり着用頂くシルエット感です。また後身頃のネック下部分に経度・緯度でベルギーの位置示した数字が刺繍されています。これは2006年当時にそこに自身が存在していた証として施したそうですよ。
7月23日入荷商品

ALMOSTBLACK×PETER DE POTTER公式通販 オールモストブラック×ピーター・デ・ポッター正規取扱店


RAF SIMONS STUDIOで経験を積んだ中嶋俊太氏と様々な企業やブランド、スポーツアパレルのメンズウエアを手掛けてきた川瀬正輝氏によるメンズブランド< ALMOSTBLACK > ( オールモストブラック )、そしてRAF SIMONSの古くからの友人であり同ブランドのメインヴィジュアルイメージ・グラフィックデザインを長きに渡り手掛けているベルギーのアーティストである < PETER DE POTTER ( ピーター・デ・ポッター ) > のコラボレートTEEシャツのご紹介です。


20AWのALMOSTBLACKのテーマは「 2006 」。この数字はデザイナーである中嶋氏がRAF SIMONSのアトリエで働いていた当時の年号を意味します。オリジナリティーは自分の経験の中にある。というテーマと向き合った時に自分がファッションから強く衝撃を受けていた頃を避けては通れなかったそうです。当時の想いやベルギーで感じた空気感をデザインへ反映させています。


本アイテムにプリントされたアートワークはPETER DE POTER ( ピーター・デ・ポッター )から2006年末に中嶋氏に送られたグリーティングメールです。


do you believe in rapture for shunta 2007というPETER DE POTERらしい知的で深いメッセージも添えられています。

※rapture・・・携挙 - キリスト教終末論においてイエス・キリストの再臨の際に起きるとされる現象とも言われております。


後身頃ネック部分の「51 ° 12 ’25.3944” N 4 ° 25 ’45.1776” E」は2006年当時、ベルギーで拠点としていた位置を経度・緯度で表しています。


ABOUT PETER DE POTER ( ピーター・デ・ポッター )

1970年ベルギー生まれ。アントワープのRoyal Academy of Fine Arts卒業。現在、ベルギーを拠点に活動中。2001年から2010年までラフ・シモンズとのコラボレーションワークに参加。本コラボレートにおいてピーター・デ・ポッターは相談役、コンセプトメイキングのアシスト、さらにイメージとワードを含めたアートワークを担当。


2003年、ラフ・シモンズと、アートキュレーターのフランチェスコ・ボナミが開催した 「 THE FOURTH SEX 」 展のカタログ製作に参加


2005年、ラフ・シモンズのアートブック 「 Redux 」 や同年ピッティ・ウオモで行われた 「 Repeat 」 というインスタレーションのデザイン、アートディレクションを担当。2011年、ベルリンにて開催のメルセデス・ベンツプレゼンツ 「 Transmission1 - Avant / Garde Diaries 」 でPETER DE POTTERがシリーズ化しリリースしている 「 Image Machine 」 の中から自身のセレクションにて作品を公開。これは過去15 年に渡ってプロデュースしてきた写真、タイポグラフィー、コラージュ、アプロプリエーションからセレクションしたもの


2014年、UKのレジェンドアーティストであるジェイミー・リードの作品を再解釈するためにフレッド・ペリーに招かれ一連のアートフィルムを製作


2016年、カニエ・ウエストのアルバム「 The Life of Pablo 」のアートワークを手掛ける


PETER DE POTTERはアートワールドの中に自分自身を存在させるための活動を精力的に行っています。PETER DE POTTERはトラディショナルな芸術作品の発表方法に則ることなく、自身の選りすぐりのアート作品をインターネットを通じて公開しています。


氏曰く、「 Dazed & Confused, i-D Magazine, Interview Magazine, Dust Magazine, Arena Homme +, Showstudio, Sang Bleu, The Advocate, Doingbird, Atmosphere Japan, Kaltblut, Husk, The Imagist など多くの雑誌に取り上げられたが、もしもこれ以上紙媒体の掲載が無くとも数え切れない程のブロガーやTumblerユーザーそれぞれがアップした大切にしている画像と私の作品 ( イメージ ) がバーチャルな世界を通じて繋がっていくことが、現在私の行っている作品発表方法では可能である。すなわち、私達皆がポップカルチャーの真っ只中にいるということです 」。PETER DE POTTER の作品は抽象芸術やパンク精神、ポップの精神、様々な世代の精神、抗議運動の精神などからインスパイアされています。


ABOUT ALMOSTBLACK ( オールモストブラック )

ALMOSTBLACK = 「 褐色 」

「 褐色 」 とは黒く見えるほど深い藍色。

平安時代 「 褐衣 」( かちえ ) という藍で染めた服が存在。

藍染めし、さらに光沢を与えるため、すり鉢で叩いて作られ「 搗く」( つく ) または「 搗つ 」( かつ ) と呼び、「 褐染め 」( かちぞめ ) と呼んだ。その武官たちが着る 「 褐衣 」( かちえ ) を 「 褐色 」( かちいろ ) と呼ぶように、鎌倉時代 「 勝つ 」 と結びつけられ縁起物として武士たちが愛好。江戸時代 「 かちんいろ 」 と呼ばれ、明治時代は軍服が紺色だったため 「 軍勝色 」( ぐんかちいろ ) と呼ばれた古くから日本人に愛されてきた 「 褐色 」 をブランドネームにし、日本人のスピリットを感じさせる 「 褐色服 」 を目指します。

FABRIC : Cotton100%
COLOR : Black
COUNTRY OF ORIGIN : Japan

Go to Cart